レディー

美容外科でプチ整形してみる|二重まぶたで印象をチェンジ

若返り治療を望むときは

レディー

美容系の医療機関でシワやたるみを退治して欲しいと考えているなら、マイクロボトックスの利用をお勧めします。ボトックス注射という方法もありますが、特に初めて施術を受けるならば負担の少ないマイクロボトックスのほうが良いです。

ぶら下がった脂肪を除去

女の人

カニューレをワキから肘へ

二の腕の脂肪は、若いうちは二の腕全体をまんべんなく包むようについています。しかし年をとるにつれて、脂肪を支えていた皮膚がたるみ、支えを失った脂肪が垂れ下がってくるようになります。まるで振袖のように脂肪がぶら下がるので、非常に目立つことから気にしている人は多くいます。しかし脂肪吸引を受ければ、このぶら下がった脂肪を除去することができます。二の腕の脂肪吸引は、ワキから肘に向かって、ぶら下がった脂肪内を貫通させるようにカニューレを通すことでおこなわれます。脂肪を吸引しながらカニューレを通していくので、肘に達した時には、ぶら下がった脂肪はすっかり除去されていることになります。一度の施術で二の腕を細くすることができるため、脂肪吸引は話題となっています。

麻酔や施術後のむくみ

二の腕の脂肪吸引では、静脈麻酔が使われます。静脈麻酔により、患者は感覚がなくなるだけでなく、眠っているような状態となります。その間に脂肪吸引がおこなわれるので、目が覚めた時には二の腕は細くなっています。もちろん施術中に痛みを感じることもないので、安心できるという点からも、脂肪吸引は評価されています。ただし施術の際には、多くの場合は二の腕に、脂肪をほぐして吸引しやすくするための、チューメセント液が注入されます。そのため施術後には、残ったチューメセント液によって生じるむくみで、一時的に二の腕は太くなります。しかしチューメセント液は徐々に体から排出されていくので、それにつれて二の腕はどんどん細くなっていきます。また、マッサージをすれば、チューメセント液をスピーディに排出させることができます。

脂肪吸引のほかに人気が高い施術といえば、まぶたを二重にするプチ整形です。プチ整形というのは、メスを使用しない、いわゆる「切らない施術」として注目を集めている施術法です。手軽に受けられる整形だと言われており、若い女性を中心に希望者は増加傾向にあるのです。目元の印象を変えたいなら、プチ整形でパッチリ二重を目指してみませんか。

多くの美容方法

ドクター

食中毒の原因となっているボツリヌス菌から抽出した成分で行われているボトックス注射ですが、表情じわの解消に効果があります。施術を行う際の費用に関しては、クリニックによって違いがあります。したがってカウンセリングを行うときにしっかりと確認する必要があります。

太い体を改善

目

筋肉によりふくらはぎが大きく見えるときは、ふくらはぎボトックスを利用すると簡単に痩身治療できます。大阪のクリニックではウルトラゼットを使用した痩身治療もあるのです。こちらは超音波を使用してリスクの少ない脂肪溶解を行います。